fc2ブログ

神経質あるある  イヤな感覚が増幅する

神経質のかたは、「イヤ」とか「嫌い」とかいう感覚に悩まされることが多いようです。
イヤならイヤ、嫌いなら嫌いでいいのですが、どうもこの感覚が強烈すぎて、嫌っている側なのに、自分のほうが苦しんでいるような感じになります。

強迫神経症のかたにとても多いお悩みなので、書いてしまいますが、周囲(職場とか仲間とか)の「誰か」のことがとても気になってイライラするというかたがいます。

その「誰か」にハラスメントをされたとか、嫌なことをされたとか、それなら嫌いになるのもわかります。
それは当然のことだと思います。
ところが別に何の利害関係もない人なのに、嫌いなのだそうです。

それも、ちょっと「イヤ」どころではなく、その人が部屋に入ってくるだけでも不愉快になるという強烈な嫌悪感。

なぜなのかお聞きすると、その人の話し方がイヤ、咳払いがイヤ、笑い方がイヤなどの理由をあげられます。
わからないでもない。
けれど、それだけでそこまで人が嫌いになるものだろうかと、不思議な気にもなります。

あるいは人間だけでなく、嫌いなもの、苦手なものがテレビに映るだけで、チャンネルを変えてしまう、テレビを消す。
そんなことがあるので、面白いドラマやいい映画を見られなかったりします。
たとえば、手術シーンがあるから、医療ドラマは見られないとか・・・。
誰にでもあることかもしれませんが、そういうことが極端な気がします。

そうなってくると、それがどんどん広がり、イヤなものから逃げるために自分の知識の範囲や生活範囲を狭めたりすることになります。

症状だって、もとはそういうことから始まっているのですが、症状に限らず、生活全般にそういう傾向があります。

お話をお聞きしていると、その嫌悪感は、どうもちょっとやそっとのものではなさそう。
鳥肌が立つくらいの嫌悪感とおっしゃるかたもいます。

つまりはその嫌悪感のために、自分が一番苦しむのですね。

なぜそうなるのでしょう。
最初にちょっと感じた「イヤさ」は、多分他の人と同じ程度なのだと思います。
ところが、(これは無意識のうちに行われることですが)その「イヤさ」に気づき、そしてその不快感を避けようとし、そのために精神交互作用が起きて、ますますそのイヤさを増幅させてしまったのだと思います。

神経質のかたの感覚の鋭敏さには、こういう側面があります。
かといって楽しい感覚が増幅されるかどうかはわかりません。
イヤな感じだからこそ、そこに注目してしまうのでしょう。

では、どうしたらいいのか? お決まりの問いです。(笑)

多分その答えは前回のブログに書いたことと同じになるかもしれません。
何においても「全体」「目的」を見る努力をしてみる。

その人の声が嫌いだけれど、職場でその人とはどういう目的で接しているのか。
その人は職場でどんな役割の人なのか。

ちょっと苦手なものが出てくるけれど、この映画のテーマは何なのか?
その部分さえ我慢すれば、結構面白い映画だったり、心に残る映画だったりすることもあるのです。

イヤなものを避けてばかりいると、どんどん世界が狭くなります。
神経質の人には苦手なことかもしれませんが、ちょっとは我慢して、あえて全体を見る、目的を見る、テーマを見ていくと、今までよりもう少し楽な気持ちでいられるようになるかもしれません。

スカイツリーと満月

相談室からのスカイツリーと満月の眺め
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

あるあるだったんですね・・。

 なんで鳥肌がたつほどイヤなんだろう・・と思っていたのですが、神経質あるあるだったんですね・・。

 私は自己嫌悪が強いので、自分に似た人を見ると許せなくなるので、育ちの問題かと思っていました。

 きっかけはもしかしたらそこかもしれませんが、そこに神経質の精神相互作用がからんで鳥肌が立つほどの嫌悪感になってるんですね。

 今は幸い関わらなくても良い立場なので、参加したい会には参加しつつ、その人のことは無視していようと思います。

No title

>嫌いなもの、苦手なものがテレビに映るだけで、チャンネルを変えてしまう、テレビを消す。
まさに自分がこれに当てはまります。
自分の嫌いなもの、苦手なものを見てしまうのが怖くて、テレビが見られないレベルになっています。
そして自分が傷つかない、安心できるものばかりを繰り返し見るので、世界がとても狭いです。
そのくせ欲望は人一倍強いので、「ああしたい、ああなりたい」という理想は高く、そのギャップがまた苦しいです。

人から勧められた映画やドラマなどを見るのも苦手なのですが、それも結局は「自分にとって不快な表現が出てきたらどうしよう」だとか、「つまらないものを見て時間を無駄にしたくない」という気持ちがあるような気がします。
(と言いつつ、普段からそんなに有益な時間の使い方をしているわけでもないのですが)

神経質特有の思考回路で、「『全体』を見るにはどうしたらいいんだろう」というのを考えそうになってしまいましたが、とにかく勧められたもの、ちょっとでも気になるものは「見る」ようにしてみます。
(これが新たな「かくあるべし」にならないように気を付けつつ…。つまらなければ見るのをやめればいいので)

あります!

メンタルヘルス岡本記念財団の掲示板で岩田先生のことを書いていた方がいらっしゃって先生のことを知り、こちらのブログにたどり着きました。
私は強迫性障害(不潔恐怖)なのですが、汚いと思ったものがとにかくダメです。元々、少し汚いな少し嫌だな、我慢すれば慣れるかなと思っていたものが、嫌でも日常的に目にする環境にいるうちに、絶対に汚い絶対に嫌、この世に存在が許せないくらいまでエスカレートしてしまいました。
神経質で嫌な感覚を強く感じる、ということに納得です。
これからもブログの更新を楽しみにしています。

Re: あるあるだったんですね・・。

とも様 お久しぶりです。「自分に似た人を見ると」ということを自覚なさっているのはすごいことです。そのうち、自分を好きになれば、嫌いな人も減ってくるわけですね! 楽しみですね。

Re: あります!

Marina 様 はじめまして。ブログをご訪問くださいましてありがとうございます。そうですね、汚れは誰しもイヤだけれど、なぜこんなにエスカレートするのか、そこがわかると次のステップもわかるようです。またブログをご愛読ください。

Re: No title

さかな様 コメントありがとうございます。いやなものがどんどん増えるという心理はわかります。でも、それでも欲求はあるのでその葛藤で苦しむのですよね。葛藤したままの人生もつまらないので、ちょっとの「我慢」を続けていくと、世界が広がるかもしれませんね。
プロフィール

Author:岩田 真理
心理セラピストをしています。臨床心理士。
昔は編集者をしていました。

森田療法が専門ですが、ACや親との問題は体験的に深いところで理解できます。
心のことだけでなく、文化、社会、マニアックな話題など、いろいろなことに興味があります。

もしも私のカウンセリングをご希望でしたら、下のアドレスにメールをください。
info@ochanomizu-room.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
    ↑ 悩んでいる人のための森田療法解説書                           
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR