fc2ブログ

健康的な生活を

最近、以前と比較して精神状態と脳や身体との関係が深く研究されるようになってきたようです。

なぜか暗いこと、ネガティブなことばかり考えてしまうのも、ただ自分のせいではなく、身体や食生活、腸の状態も関係しているということがわかってきています。
強迫的思考や嗜癖も、脳への栄養状態が原因なのではという説も出てきています。

しかし悩んでいるときは、なかなか自分の身体のこと、生活のことに注意が行かないものです。
きちんと栄養のあるものをとったり、運動習慣を保ったりが面倒でできない。
結果として、自分の身体をネグレクトすることになっていることが多いようです。
ただただ、今の悩みを解決したい。
そして結果的に不健康な生活を送ってしまうということがありそうです。

私自身はいわゆる「健康おたく」ですので、YouTubeで健康情報を漁っております。
(最終的にはどれが本当のことなのか、わからなくなったりしますが)

森田療法ではよく「健康的な生活をする」と言われます。
それは、行動のことばかりではなさそうです。
適切な食生活、きちんと栄養をとることも、脳の健康に必要でしょう。

悩んでいるかたとお会いしていて、時々気になることがあります。
実は「甘いものがやめられない」という方が意外に多い。
たとえば疾病恐怖で、甘いものが身体に悪いことを知っていてもやめられない、というかたもいらっしゃいます。

男性のかただったら、アルコールは身体に悪いとわかっていてもやめられないというかたがいるのではないでしょうか。

考えてみれば神経質の方は、「不快」を敏感に感じると同時に「快」の感情にも敏感です。
気持ちいいものについつい惹きつけられる。
だから下手をすると、依存症に近い状態になる可能性もあります。
お菓子がやめられない、お酒を断てない、ということです。

当然のことながら、過剰な糖質、アルコールは脳にも影響を与えます。
そのときは快くても、結局あとあと気分が沈む原因になります。
認知症の原因にもなります。
もちろん脳だけでなく、身体にも悪いですよね。

悩み事に集中するあまり、そんなことにかまっていられないというかたもいるのでしょう。
関心が、悩みの解決にばかり向かって、身体養生には向かわないのかもしれません。
けれど、身体が健康になり、適切な栄養状態になれば、結果として考え方が前向きになると思います。
日の光を浴び、運動し、腸活する!
自分の自然なセロトニンで、悩みが消えていくなんて、理想的ではありませんか。

「森田おたく」もいいけれど、ぜひほんの少し「健康おたく」にもなって、食べ物と身体の関係を勉強してみてください。
生活習慣病もそうですが、病気はなる前に予防するのが一番ですよね。

5185

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:岩田 真理
心理セラピストをしています。臨床心理士。
昔は編集者をしていました。

森田療法が専門ですが、ACや親との問題は体験的に深いところで理解できます。
心のことだけでなく、文化、社会、マニアックな話題など、いろいろなことに興味があります。

もしも私のカウンセリングをご希望でしたら、下のアドレスにメールをください。
info@ochanomizu-room.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
    ↑ 悩んでいる人のための森田療法解説書                           
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR