fc2ブログ

強迫的な人のパニック感

このところ、何人かの強迫系のかたがたとお話させていただくなかで、皆さん同じような場面で同じようなことで悩んでいらっしゃるということがわかりました。

その「同じようなこと」とは、こんな感じのことです。

(特に)仕事の場で、目上の人などに質問されたとき、あるいは話かけられたとき、頭のなかがパニックになり、適切な答えができない。
あとで冷静なときに考えれば、こう答えればよかったとすぐわかるので、悔しい。

とあるかたはこの時の感覚をこんなふうに表現なさいました。
「(質問などされたとき)とにかくいろいろな考えや感情が一瞬のうちに噴出してくる。それが、どれも同じような強さで湧いてくるので、頭のなかが混沌としてしまい、果たして何を答えたらいいかわからなくなる」

こういう表現をされると、ただ「パニック」と言われるよりずっとわかりやすいですね。
どうやらこういうことが、頭のなかで起こっているらしいのです。

それで、この同じ表現を使って、同じようなことで悩んでいるかたに「こういう感じですか?」と尋ねてみたら、「そうそう!」と同感してくれました。

もう強迫症状は乗り越えてしまったかたでも、日常の勤務でこのようなことで困っているかたが多くいるようです。

そんな場合、しどろもどろになってしまい、上司からこんなことを言われるそうです。
「お前の話は何を言っているのかよくわからない」
「言い訳から入るのか」

確かに仕事を進めていくうえで、いつもこんなふうだと困りますね。

それで、一人のかたに「そんなとき、どうすればいいと思う?」と逆にお尋ねしてみました。
そうしたら、こんなふうに考えてくださいました。

「そのときに問い返せばいいかもしれませんね。すぐに答えようと思わずに、相手に『すみません、今のお話はこういうことですか?』とか『ちょっと待ってください。そこのところ整理させてください』とか」

いいアイデアだと思います。
相手が目上の人だと、どうしても「早く答えなくちゃ」とか失態を見せたくないとかいう心理が働いて、それで余計にパニックになる。
こうやって問い返すことで、こちらに少し余裕ができることは確かです。

自分が年下だったり、部下だったりすると、私たちはどうも相手のことを「完全」だと勘違いすることがあるようです。
相手の言うことがわからなくても、自分が足りないせいだと思ってしまう。
相手だって説明が下手だったり、要点をはずすことがあるのです。

パニックの内容に戻りますが、もしかしたら強迫のかたの思考の癖として、同時にいろいろな考えが湧いてくる(そして拮抗作用が強いので、湧いてくる考えへの反論も湧いてくる)ことや、その考えのなかのどれが一番重要なものなのかわからなくなることがあるのかもしれません。

あまりにもたくさんの考えが頭のなかにひしめいているので、ことの軽重がわからなくなる。(だからこそ、不安が強い時は的を一点にしぼって「症状」にする必要があるのかも・・・)

ある意味、「ことの軽重がわからない」ということは、強迫的思考の特徴かもしれません。
自分の外側からの情報と、湧き上がってくる自分の内部の思考とが、同じように重大に思える。

このあたりの対処としては、やはり森田療法の「ものそのものになる」でしょうか。
「もの」とは、たった今自分が対処している現実。

普段から、「自分の思考」と「現実」とを区別する見方を意識する必要があるかもしれません。
本当に大事なのは、自分の外にある現実に対処していくことで、自分の思考については、森田正馬の言うとおり「ヒマヒマに考えればいい」のです。

5266

肥後細川庭園 ライトアップ (庭園めぐり始めました)

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

目上の人などに質問されたときに頭のなかがパニックになる感覚、とてもよくわかります。
私はその際、相手に何を聞かれたのかまでよくわからなくなってしまいます。(なぜか一瞬で頭から飛んでしまうのです。湧いてくる考えや感情に圧倒されてしまい、聞いたことが追いやられてしまうのでしょうか…)
そうすると、その場にいる私以外の方が適切な回答をしたりします。
劣等感と恥ずかしさ、悔しいような気持ちでいっぱいになります。

長年社会人をやっていますがこれは昔からものすごく悩んでいました。
強迫系の人に起こりがちだったんですね。
「ものそのものになる」ことが、私にとってはどうしてこんなに難しいんでしょうか。

Re: No title

さかな様 コメントへのお返事遅くなり失礼いたしました。「ものそのものになる」のがむずかしいと思われるのですね。返事ではお答えし切れないので、またあらためてブログのテーマにさせていただければと思います。気長くお待ちください。
プロフィール

Author:岩田 真理
心理セラピストをしています。臨床心理士。
昔は編集者をしていました。

森田療法が専門ですが、ACや親との問題は体験的に深いところで理解できます。
心のことだけでなく、文化、社会、マニアックな話題など、いろいろなことに興味があります。

もしも私のカウンセリングをご希望でしたら、下のアドレスにメールをください。
info@ochanomizu-room.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
    ↑ 悩んでいる人のための森田療法解説書                           
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR