FC2ブログ

映画「永遠の僕たち」

ガス・ヴァン・サントという映画監督が好きです。

一番のお気に入りは「マイ・プライベート・アイダホ」。
これについては、またそのうち書いてみましょう。

それから「小説家を見つけたら」。
私はむしろ「グッドウィル・ハンティング」よりこちらのほうが好きです。
ショーン・コネリーがいい味を出しています。

「誘う女」の、ニコール・キッドマンの熱演も印象的でした。
これは「演技性人格障害」の女性を描いた映画です。
実話に基づいているとか。

この頃では「エレファント」。
これも、実話に基づいています。
米国で起きたコロンバイン高校乱射事件を描いたものです。

以前、この映画と、マイケル・ムーア監督の「ボーリング・フォー・コロンバイン」のDVDとを一緒に借りてきて、続けて見ました。
かなりの衝撃度でした。
あまり良い趣味とは言えず、お勧めできることではありません。

しかし、「エレファント」は説明や言語などにはあまり頼らず、事件までの日常を淡々と描いているのに比べ、「ボーリング・フォー・コロンバイン」では、マイケル・ムーアの過剰なまでの言葉での説明が対照的で、面白く見ました。

さて先日、去年公開された映画のDVD「永遠の僕たち」を見ました。

昨今の騒々しく、せわしなく、ストーリー過剰な映画に比べ、実に淡く、透明で、静かで、淡白な味わいです。

高校生イーノックは、両親を交通事故で亡くし、その時に自分も重症を負って臨死体験をします。それ以来不登校で、「死」に取り憑かれています。
毎日、他人の葬儀に参列するのが趣味。
そんな葬儀で出会った少女アナベル。
彼女はガンで余命三ヶ月です。
そして彼女の死まで二人の恋が始まります。

変わっているのは、イーノックの唯一の友達、ヒロシ。
彼はイーノックが臨死体験の時に出会った幽霊です。第二次大戦時の日本の特攻隊員。
終戦前に死んでいるので、広島、長崎のことも知らず、アナベルから原爆のことを聞いて落ち込んだりします。
三ヶ月の間、二人はヒロシとともに、実に可愛らしくいろいろなことをして遊びます。

そして当然訪れるアナベルの死。
その葬儀の席で、イーノックは、生きることの輝きに気づくのです。

とにかく、イーノックとアナベルが可愛らしい。
ヒロシ役の加瀬亮という人もいい。
英語がうまいです。

ガス・ヴァン・サントの映画は、いつも「余韻」が残ります。
余韻は作品によって様々で、ものすごく悲しかったり、不気味だったり、やりきれなかったり・・・・。

今回の「永遠の僕たち」は、切ない・・・というか、苦くない悲しみというか・・なんとも心地よい余韻です。

言葉でとらえきれないものを表現するのが、芸術とすれば、ガス・ヴァン・サントの映画は芸術的作品に近いのでしょうね。
最近のものは、ますますそうなってきている気がします。

この「永遠の僕たち」も、知性や言葉や概念ではなく、感性や感覚を通して、直接私の心に、生きること、死ぬことの事実を訴えかけてきたように思います。

秋の夜に、なんとなく浄化されたような気分です。


             

               


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:岩田 真理
心理セラピストをしています。臨床心理士。
昔は編集者をしていました。

森田療法が専門ですが、ACや親との問題は体験的に深いところで理解できます。
心のことだけでなく、文化、社会、マニアックな話題など、いろいろなことに興味があります。

もしも私のカウンセリングをご希望でしたら、下のアドレスにメールをください。
info@ochanomizu-room.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
    ↑ 悩んでいる人のための森田療法解説書                           
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR