FC2ブログ

桜 あれこれ

東京地方では、桜が満開になってきました。

実は、ブログに書きたいことがあり、準備していたのですが、かなりシリアスな話題。
この桜満開の季節に、それは無粋だろうと、今日は桜についてのエピソード。

以前、英会話学校に通っていたことがあります。

とある桜の季節。

そのときはグループレッスンで、先生は若いカナダの美人さん。

長く美しいブロンド、白い肌、青い目。
男性なら指名してレッスンしたいくらいの人でした。

話題は桜のことになり、日本人は桜に思い入れがあるんだという話題に・・・

いろいろな故事や歌などの話になり、誰かが梶井基次郎の有名な言葉を出しました。

「桜の樹の下には死体が埋まっている」

もちろん、これは桜の花の妖しいまでの美しさを、含みのある言葉で表現したものですが・・。

その先生は、「なにそれ! weird!」と一蹴。

まぁねぇ、それは海外の人には通じないわ。

で、気を取り直し、散り際の美しさをあれこれ話し始めました。

そうしたら、その先生、優雅さのかけらもなく、まさにケラケラと笑い出すのです。

「どうして! どうして花が散るのが美しいの!? 汚いだけじゃない!」

もちろん彼女は何年も日本にいる人だったので、桜も何回も見ている人です。

私たちは、そこで桜の話題はやめにしました。

個人的な感性の差もあるかもしれませんね。

でも、「美しい」と感じる対象にも、文化差があるのだと、実感したことでした。




    桜2013
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

そうでない異邦人も・・・

残念なお話ですね。
そうでない方もいらっしゃいます。
新渡戸稲造の「武士道」を読んだ方には、
日本人の心に共感された方もいるわけですので、
いささか、その方の軽率な行動には、喝を入れたいところですね。

何故、日本に来ているのか?
収入だけのためではない筈で・…・
異文化を理解する気持ちがないままでは、寂しい限りです。

Re: そうでない異邦人も・・・

mistyさん いつもコメントありがとうございます。そうですね、彼女の場合、「なぜ!?」という意味での異文化発見には満ち満ちた日常だったかもしれません。生活環境から育んだ感性というものは、いかんともしがたいところがあるのでしょうね。長くいたら、感性も日本化されてくるかも。
プロフィール

Author:岩田 真理
心理セラピストをしています。臨床心理士。
昔は編集者をしていました。

森田療法が専門ですが、ACや親との問題は体験的に深いところで理解できます。
心のことだけでなく、文化、社会、マニアックな話題など、いろいろなことに興味があります。

もしも私のカウンセリングをご希望でしたら、下のアドレスにメールをください。
info@ochanomizu-room.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
    ↑ 悩んでいる人のための森田療法解説書                           
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR