FC2ブログ

固い価値観から事実のなかへ

森田博士と遊びのことを書いていたときに、第五巻に出ているエピソードを思い出しました。

原著から抜粋してみましょう。(第59回形外会)

「ここに入院している人は、初めのうちは、どうしても修養ということにとらわれる。金物屋に行っても、少し待つ間があれば、雑誌などを読んでいる。「寸陰を惜しむ」という教えの文句にとらわれている。僕はそんなときには、常に丁度展覧会を見るように、何か面白い有効のものはありはせぬかと、陳列の品物を見回しているのである」

「ひどいのになると、入院中の人で、熱海形外会のときに、十国峠へドライブしたときに、自動車のなかで本を読んでいたのがあった。景色を眺め道中を楽しむということとは無関係である」

読んだときには思わず笑ってしまいました。
神経質の人だったら、なんだかありそうな光景。

森田はこう結びます。
「「そういうふうでなければ偉い人にはなれない」と考えている人が、世の中には多いようだけれど、僕は決してそうとは思わないのである。周囲に適応するような人が、よく独創的で・適切な問題を発見して、新機軸を立てるのではないかと考える」

ここまで読むと「周囲に適応しよう」みたいなことで終わってしまうのですが、この文章の前段に、自分が女中さんの下駄の鼻緒を直したことを、いろいろ批判されたことに対して、森田はこんなことを言っています。

「女中のことをしてやることを下品と思うような貴族根性は、僕などにはよほど劣等の思想のように感じられる」


ここで森田博士の思考の流れを、我流で解釈してみましょう。


金物屋で読書をしている人、ドライブ中にも読書をする人、そういう人たちの頭のなかにあるのは、勉強や知識のほうが買い物より大事、遊びより大事、という確固とした価値観です。


神経質の症状の背後にあるのは、こういう固い価値観、ランクづけです。
世の中のことごとくをランクづけしている感覚があります。


行動でいえば、掃除、家事などより社会に出てお金を稼ぐほうがランクが上とか。勉強のほうがスポーツより上、仕事のほうが遊びより上とか(価値観ですから逆の場合もあります)。


一般的な地位役職、社会的な評価によるランクづけに始まって、職種のランクづけ、学歴のランクづけ。
そして人のなかに入ると、他の人の知識の程度とか、能力、人気、話術、容姿のランクづけ。
(正確に言うと、自分より上か下かを気にしているのではないかと思います)

こんなことばかり考えているのですから、心が休まるヒマがありません。
こういう見方をしていると、世の中はバトルフィールドになってしまいますよね。

もちろん、たいていの人もこういうことには着目します。

でも、それはあくまで目安として認識するだけではないのかと思います。
そういうものを目安として、人に対することであれば、つきあううちに相手の「事実」に触れて、事実にもとづいた見方を獲得していくのだと思うのです。


ところが、このランク付け価値観のまま観念の世界に走ると、行動が「周囲と適応できないもの」になってくるのではないでしょうか。


ドライブ中に読書をした人も、「時間を無駄にせずに勉強しているのに、なぜ注意されなければならない」と思ったかもしれません。


グループのなかでいかにうまく話すかが価値の人が、豊富な話題を提供して、面白おかしく話したと思っても、それが全く場違いなものだったりする。
面白く雑談したはずなのに、なぜ皆が白ける・・・ということもあるでしょう。


大事なのは、周囲の事実を見ること。そして調和していくこと。


皆が遊んでいるなら、自分がつまらなくても、一緒にやってみるだけでもいい。
「そんなつまらないこと」と思っても、皆が笑っているなら、少なくともしかめっ面はしない。


観念の世界から、事実の世界へ。

これも森田療法の大事な方向性です。


そして森田博士は、女中さんの下駄を直したり、皆の前でかくし芸をしたり、踊ったり、一緒に遊んだりすることで、神経質者の固い価値観を崩そうとしていたように思うのです。

 
                           summer
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

大変共感します。
ただ、勉強以外くだらないと言われ、入院中も問題集を毎日差し入れされる環境でどうやって神経症から抜け出していいかわかりません。

Re: No title

Nさま コメントをありがとうございます。ご入院なさっているのですか?大変厳しい環境なのですね。森田療法を創始した森田正馬もお父様から勉強を強要されて育ったようです。でも大人になってからは、よく遊んだ人でした。拙著「森田正馬が語る森田療法」をもしよろしければ読んでみてください。ご参考になるかもしれません。

ご回答ありがとうございました

先日返信したつもりが送信になっておらずお返事が遅れてすみません。
現在は退院しており元気です。ご心配おかけしました。
森田正馬さんは元々優秀ですから強要された勉強でも身についたのではないでしょうか。
精神的にきつかったとしても。
私はキャパオーバーでほとんど成果はありませんでした。
拒食症歴と劣等感だけが残った感じです。
手を抜いているつもりはないのですが、頑張ろうとしても身体が言うことを聞かず、どうしたらよいでしょうか。
しょっちゅう高熱、嘔吐、めまいのため倒れてしまうのですが、精神的ストレスを分かってもらえず余計に寝
かせてもらえません。
生きているのが辛いです。

Re: ご回答ありがとうございました

Nさま Nさまは、私のところに通っていらっしゃるかたですか?このコメントだけでは、どなたかはわかりませんので。とてもお苦しいご様子ですね。状況が不明なので、なんとも言えませんが、学校へ通っているのでしたら、学生相談室などを利用なさってみたらいかがでしょうか。ゆっくりと身体を休められるといいですね。

No title

こちらのブログを最近知った者で、セラピールームに通ったことはありません。
何度も勝手にコメントしてすみません。
森田療法の本は読んだことがあり、個人的には共感するのですが、周りの人に会うたび心折られなかなか気持ちかついていけなかったもので。
いろいろ配慮有難うございました。

Re: No title

Nさま ここは勝手にコメントしていい場所ですから、謝る必要はないですよ。これからもどんどん勝手にコメントしてください。ただちょっと心配だったものですから。今はいろいろな相談機関やグループがあります。批判をされる恐れがない誰かにお話になってみると、少し気が楽になりますよ! 引き続きブログをご訪問ください。

No title

有難うございます。
ゆっくりブログ拝見させてもらいます。
プロフィール

Author:岩田 真理
心理セラピストをしています。臨床心理士。
昔は編集者をしていました。

森田療法が専門ですが、ACや親との問題は体験的に深いところで理解できます。
心のことだけでなく、文化、社会、マニアックな話題など、いろいろなことに興味があります。

もしも私のカウンセリングをご希望でしたら、下のアドレスにメールをください。
info@ochanomizu-room.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
    ↑ 悩んでいる人のための森田療法解説書                           
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR