fc2ブログ

「ヤーロムの心理療法講義」

本日は、森田療法以外の精神療法の話。
あ、こう言ってもスルーしないでくださいね。
以前、私が翻訳出版した「ヤーロムの心理療法講義」が久々に重版されましたので、この著書のことを、また振り返ってみたいと思います。

ご存じのかたもいるかもしれませんが、アーヴィン・ヤーロム博士は米国の精神療法家。
主にグループ療法と実存精神療法とをメインに研究し、グループワーク、心理療法をなさっているかたです。

米国でヤーロム博士というと、超がつくほど高名ですが、日本ではあまり有名ではないようですね。
精神療法の著書だけでなく、小説も書いています。(例:「ニーチェが泣くとき」)
小説は日本でも翻訳されているものがあります。

さて、ヤーロム先生の「実存精神療法」とはどういうものか?
これは人間にとっての非常に重要な関心事「死、孤独、人生の意味、自由」に焦点を合わせた精神療法だそうです。
昨今、雨後の筍みたいに現れてくる精神療法と違い、あまり技法に重点を置きません。
フランクルの流れを汲む療法です。

この実存精神療法は、森田療法とも共通点が多いと、私は思います。
「死」「人生の意味」などについても、森田正馬は語っていますし、むしろその部分は森田療法の根幹のところでしょう。
「今、ここ」を大事にすることも同じですし、フランクルの逆説志向という技法も森田療法と同じです。

さて、この本の原題は「The Gift of Therapy」。
これから心理療法を志す人、心理療法というものを知りたい人のために書かれた易しい本です。
短いエッセイで構成されていますが、読んでいるうちにセラピストとしてのヤーロム先生の優しさに、どんどん惹かれていきます。
特に「63 患者に触れるのを恐れないように」などは、涙を誘われるほど感動的です。

私がこの本を必死で翻訳しているとき、どうしてもわからない箇所が出てきました。
飛ばして訳すわけにもいかず、意を決してヤーロム先生にメールしました。
結局それは米国のゴミ収集車のことだったのですが(笑)、先生はとても親切に丁寧に答えてくださいました。
それだけではなく、あるとき学会でヤーロム先生と親しい女医さんにお会いしたのですが、彼女から「ヤーロム先生が、マリさんは元気かしらと、言っていましたよ」と言われ、びっくりしました。
あんなおバカな質問をした翻訳者も覚えていてくれたんですね。
(追記:そういえば、森田療法の本を書いていることもアピールしたかもしれない・・・)

この本は、何か所かの日本の心理の大学、大学院で教科書として使ってくれているそうです。
臨床心理学を学ぶかたにはぜひ読んでいただきたい本です。
また学んでいなくてもカウンセリングというものに興味をお持ちなら、お勧めです。
(「まえがき」は飛ばしてもいいと思いますが、そのあとは小説のように面白く読めます)

私もこれを機に、もう一度読み直してみたい。
それにしても、当時はよくこれを訳し上げたものだと、我ながら思います。
今から一冊翻訳しろと言われても、もう無理だろうな・・・。


人生を保留にしない

カウンセリングにいらっしゃるかたのなかには、神経症、あるいはほかの悩みとずっと格闘していて、現実生活が何も前に進んでいない人がいます。

症状が治ってから、きちんとした仕事に就こう、と思ったり。
仕事は何とかこなしている。でも形だけ。
新しい資格やポジションに挑戦するのは、治ってからにしよう。

結婚をしたいけれど、まだ自信がない。
悩みが軽くなって、自分に自信がついてからにしよう。

悩みが理由ではなくても、こんな例もあります。
資格試験に挑戦したいけれど、あと何年か勉強してからにしよう。
「悪い点数は見たくない。完全に受かる自信がついてから挑戦しよう」という心理があるので、試験やチャレンジを先延ばしするという心理です。

それだけでなく、誰にでも「先延ばし癖」というものがあります。
掃除をしなくてはならないけれど、面倒だから明日にしよう。
これを片付けなくてはならないけれど、時間がかかりそうだから、また今度にしよう。

これはある意味、「イヤな感じ」「面倒そうなこと」に直面しないための心のやりくりです。
実際にとりかかって、やってみれば意外に簡単にできたりします。

この「先延ばし癖」と神経症の「症状」とは、共通点があるような気もします。
それはまた考察することにして・・・。

とにかく何でも「保留」にしたがる癖が人間にはあるようです。
特に神経症の場合、闘って治そうとしている限り治りませんから、何年も時間がたってしまいます。
人生を保留にしたまま何年も・・・。
実際、10年、20年症状のために同じところにとどまっているという方もいます。
オソロシイことです。

森田療法の考え方は「何があっても人生を保留にしない」ということです。
病床で熱のあるときも、看護の人に本を音読してもらったという森田正馬のエピソードがあります。
彼はこういう行動で、「どんな状態、状況でも、できることがあればそれをする」という姿勢を示したかったのだと思います。

そんな考え方があるからこそ、森田療法は障がいのある人、慢性病のある人、難病の人の生き方の指針になっているのだと思います。

そうやってほんの少しのことでも、今できること、やりたいことを前に進めていく。
そうするとその人が、生き生きしてきます。
自分の人生を前に進める行動が、その人の「生きたい」という意欲を引き出し、自然治癒力を高めていくのです。

もちろん神経症の症状も同じことです。
この苦しさを消してからではない。
苦しさを消すために人生を保留にしていたら、あっという間に時間が尽きてしまいます。

やりたいことは今やる。
そして現実に起きてくることを受け止め、取り組んでいくことによって、私たちはだんだん「生きている実感」を得て、自分が歩みたかった人生の軌道に戻っていくことができるのです。

なつのはな

「いい人」にならない

この話は主に対人恐怖の人に当てはまることかもしれません。
相手に対して自分を「いい人」に見せようとする構えが多い気がします。

たとえば相手に良く思われたくて、言いたいことも言わない。
相手のご機嫌をとったり、何かを頼まれてもイヤと言えない。

「それでいいではないか」「それも社交術ではないか」と思われるかもしれません。
それほど深く関わりのない人に「いい人」アピールをするのは、誰でもやっていること。
ある意味、自然なことなのでしょう。

ただ職場や親しい間柄の人にそれをやり続けていると、だんだん自分が苦しくなります。
典型的なのは、姑や舅に対して「いい嫁」アピールをしようとすること。
結局自分が苦しくなり、かえって疎遠になったりします。
自分の「本当のところ」でつきあうことができないから、実は誰からも好かれないという結果になりがちです。

ちょっと長い引用になりますが、有名な森田正馬の言葉を下記します。

「およそ自分が善人として、周囲の人から認められるためには、人が自分に対して、気兼ねし遠慮しようが、うるさく面倒がろうが、人の迷惑はどうでもよいということになる。
これに反して、人を気軽に便利に、幸せにするためには、自分が少々悪く思われ、間抜けと見下げられても、そんなことはどうでもよいというふうに、大胆になれば、はじめて人からも愛され、善人ともなるのである。つまり自分で善人となろうとする理想主義は、私のいわゆる思想の矛盾で、反対の悪人になり、自分が悪人になれば、かえって善人になるのである」
(森田正馬全集5巻、205頁)

これを「人のために尽くせ」というような教条にしてしまうと、まったく意味が違ってしまいます。
森田療法はそんな表面的な浅いものではありません。

5巻のこの文章の前後を読めば理解できますが、これは「善人」を装うことなく「ありのままの自分」でいて、その実感から相手の幸せを考えて行動していくということです。
そのときにその善行が相手に知られなくてもいいし、逆に不満に思われても相手のためになっているならいい、ということです。

わかりやすい例で言えば、親子関係です。
親が子供の機嫌をうかがって、甘いものを喜ぶからとお菓子ばかりあげていたらどうなるでしょう?
当然子供は健康を損なうでしょう。
子供が不機嫌になっても制限するのが、普通の親です。

子供の例だったらわかりやすいけれど、これが他人だったらどうでしょう。
宴席で相手がかなりお酒を飲んでいても、相手が喜ぶからついでしまう。
せめてすすめるのをやめるとかすればいいのに、「いい人」でいたいから、相手の健康などどうでもよくなるのです。

あえて「いい人」になろうとすると、(頭で考えていますから)「自分の価値観の押し付け」をしたりすることになります。
「そのままの自分」でいて、自分自身の実感、「純なこころ」から判断すれば、意外にあまり的はずれな行動にはならないものです。

そしてたとえ自分の好意を謝絶されたにしても、「いい人」になろうとしているときよりも、「自然な自分」でいるときのほうが傷つかないのですね。
これは体験してみないとわからないことですが。

なつのはな


T.H氏撮影

暴力について

私のカウンセリングルームにいらっしゃるのは、神経症のかたばかりではありません。
過去や現在、ご家族の問題で悩んでいるかたもいます。

そのなかでも、家庭のなかの暴力については、いろいろなかたからお話を聞きます。
幼少期に家族から暴力を振るわれた人、暴力を見て育った人、恋人から暴力を受けた人や家族内で配偶者から暴力を受けている人。
もちろん家族内だけでなく、学校での学生間の暴力、教師からの暴力もあります。
暴力は身近にあふれているのかもしれません。

日本では、暴力そのものが犯罪であるという認識が薄いような気がします。
ひところ大変な話題になったアカデミー賞でのビンタ事件。
あの事件についての感想が日本では様々だったのが、実に興味深く思われました。

意外なのは、暴力をふるった側の「気持ちもわかる」的な発言が散見されたことです。
「男らしい」とさえ言う人がいるのには驚きました。
妻を守るにしても、たとえば妻が暴漢に襲われたならわかります。
身体でそれを防ぐのは正当防衛でギリギリ容認される暴力でしょう。
もちろん、やりすぎれば過剰防衛です。

結局、この場合、暴力をふるったほうへ社会的制裁が下ったのは当然のことです。
テレビ中継で子供たちも見るような場で暴力をふるうというのは、社会的影響の大きさを考えても責任重大です。

ひるがえって、「こんなひどいことを言われたのだからビンタするのも当然だろう」的な発言があるのには、危うさを感じました。
これを敷衍していけば、暴力をふるわれる側も「私がこんなことをしたんだから、ビンタされても当然」と、妙な罪の意識を感じて、相手の暴力を容認してしまう。
結局、暴力的な相手に追随してしまったり、相手の暴力を認めてしまったりすることになります。
被害者の自尊心はどんどん低くなります。

暴力をふるわれたら、警察を呼んでいいのです。
たとえ親からのビンタであっても、110番していい。
警察は来てくれます。
部活や教室で先生に体罰をふるわれたとしも、これは立派な犯罪です。
後での報復がこわい、とためらうのもわかりますが、DVをふるうような人は意外に権威に弱かったり、見栄体裁を気にしたりするものです。
警察は抑止力になります。
それが抑止力にならないような凶暴な相手なら、すぐ逃げたほうがいい。

なぜなら暴力はエスカレートしていく傾向があるからです。
家庭内での暴力は隠される傾向があり、だからこそエスカレートして家庭内殺人に至ったりするのです。

「言葉の暴力」というものもあります。
言葉の暴力は相手の心に対しての攻撃です。
会社内のパワハラは殆ど「言葉の暴力」です。
SNSやネット上で意図的に相手への脅しや侮辱を書き込むのも現在では、立派な犯罪になり得ます。

親に「殺すぞ」と言われ、警察を呼んだ人の例を知っています。
「私は決して暴力を受けない。暴力はふるう側が絶対的に悪い」というしっかりした認識がいきわたってほしいと思います。

唐突に飛躍しますが、国家間だってそうですよね。
ロシア(の指導者)だってそうです。
たとえNATOに不満があろうと、ウクライナに不満があろうと、対話で解決をはかりもせずに、武力に訴えるというのは、DVと同じ。

けれど人間から暴力性をなくすことは不可能なのですよね。
それでも日本社会には法的な仕組みはしっかりあって、暴力を行使する側が有利になることはない。暴力で相手は支配できない。暴力でものごとは解決できない、ということははっきりしています。

家庭の中でも、社会でも、あらためてそれを自覚していきたいものです。

6/5

T.H氏撮影


「快」か「不快」か

カウンセリングでは、強迫タイプのかたの心の動きをお聞きすることがままあります。
とても独特な考えかたで自分を抑制しているかたが殆どです。

強迫神経症のかたは、あとで「イヤな感情」を味わわないために、今の自分の心や行動をコントロールしようとします。

手を洗ったあとに「汚い」感覚が残るのはイヤだから、今十分に洗っとこう。
あとでカギをきちんと閉めたか不安になるのがイヤだから、今カギを確認しとこう。
とにかく将来(あるいは近い将来)こわいことが起こるのがイヤだから、自分だけの儀式をしておこう(縁起恐怖)。

これは神経症的な行動のみでなく、どうも日常的にいろいろなところにあって、積極的な行動を滞らせているようなのです。

将来イヤな感じを味わうことがないよう、現在の様々な行動を抑制しているかたが多いようです。
それが行動のみでなく、自分の気持ちにも向かっている。
期待すると、あとでがっかりするから、あまり期待しないようにしよう。
このレストランに行きたいけれど、期待していたのと違うとショックだから行かないでおこう。
旅行に行きたいけれど、現地の景色が思ったほどでないと、出費が無駄になるからやめとこう。
期待はずれになったり、がっかりすることがイヤで、それをやめてしまう。

特徴的なのは、それが自分の「感情」に向かっていることです。
なにがなんでも「イヤな思い」をするのを避けたい。

たとえば「あまり糖分をとると身体に悪いから控えよう」ということは、普通に聞く言葉です。
けれど「あのチームのファンになりたいけれど、優勝しないとがっかりするからやめておこう」という言葉は、どこか不思議な気がします。

自分の未来のまた未来まで感情をコントロールしようとしているようですね。

もうひとつ不思議なのは、コントロールしようとするのは、必ず「イヤな感情」であることです。

私は時々、週の仕事が全部終わった休日前、浮き浮きするような開放感を味わいます。
「仕事は片付いた。さぁ、自由時間だ」という感じです。
妙な言い方ですが、この解放感があるから仕事を続けていたいとさえ思います。
毎日が日曜日だったら、この快感は味わえません。

他の人だったら、「ビールがうまくなるから運動しとこう」ということになるかもしれません。
この場合、「快」の感情を味わいたくて、ちょっと我慢して何かをするわけです。

どうして強迫傾向の人は「不快」にだけこだわって、あえて「快い感情」を捨てるのでしょう?
そのチームのファンになったら、観戦が楽しいだろうに、負けたら「イヤ」ということを予期して、その楽しさを捨てる。
これでは、人生の様々な楽しさ(快)を自分で放棄しているようなものです。

原理的に言えば、感情をコントロールしようとしたことで「精神交互作用」を起こし、神経症(不安障害)になるというのが、森田療法の病因論ですが、この「感情」は必ず「不快な感情」です。
不安が強いから不快な感情に着目するのでしょうか?

もしかしたら「快」の感情を過剰に追求しコントロールしようとしていったら「依存症」的になるのかもしれません。
だから「快」を追求するのが、絶対的にいいとは言えません。
(強迫行為にも「快」を追求する側面がないとは言えません)

「快」に執着するか、「不快」に執着するかで、性格も生き方もずいぶん変わってくるのですね。
それはただ生まれつきの性格からきているものなのか? 
雑な論考ですみません。
また考えてみたいと思います。

初夏
プロフィール

Author:岩田 真理
心理セラピストをしています。臨床心理士。
昔は編集者をしていました。

森田療法が専門ですが、ACや親との問題は体験的に深いところで理解できます。
心のことだけでなく、文化、社会、マニアックな話題など、いろいろなことに興味があります。

もしも私のカウンセリングをご希望でしたら、下のアドレスにメールをください。
info@ochanomizu-room.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
    ↑ 悩んでいる人のための森田療法解説書                           
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR