fc2ブログ

花冷えの日に

桜は満開なのに寒い毎日です。
先週でしたか、あの大きな地震のあと、関東地方では電力不足の警報が出ました。
つまり火力発電所が地震で故障してしまったのに寒くなったので、電力が足りない。
使用を控えてくれ、というお達しでした。

東京近郊などの集合住宅では、石油ストーブが使用できないところが殆ど。
ガスは湯沸かしにしか使えません。
火事を防ぐためにオール電化に近い生活を強いられているのに、こんな寒い日に電気が使えないというのは、どういうことでしょう。
電力不足をアピールして原発復活をねらうのでしょうか?

今回のロシアの侵攻を見ても、原発を持っていること自体がこわいことのように思います。
だってロシアは真っ先にチョルノービリを占拠した、つまり核燃料がほしい?
(幸い今は撤退したようですが)

まぁ、そんなこんなで、あろうことか戦争も始まってしまい、おまけに各地で地震が頻発し、春なのに異様に寒く、なんだか先行きがわからない昨今です。

さて、その夜は、警報に従ってエアコンは切り、寒い中コタツにしがみついていました。
そうすると、あまりに寒くて(寒がりです)、身動きするのもおっくうになってきます。

頭のなかに「この時間はもったいない。何かできることがあるんじゃないか」という声が聞こえてきます。
おまけに「活動が人生である」というような森田正馬の言葉を思い出してしまいました。
多分全集の第七巻あたりにあった言葉のような気がする・・・。
調べてみたいが、全集を本棚から出して開くのもおっくう。

葛藤が始まります。
「こんなことしていないで、コタツのなかでできることでもしなくちゃ」
「確かに、動かないと、それは生きていることにならないのかもしれない」
「森田先生は病気のときにも本を読んでもらったりしていた。あれが活動するということなのか。だったら、寒いくらいでコタツにしがみついて何もしないのは、どうなのだろう?」

これが、森田療法が「かくあるべし」に変換される瞬間です。
「こうしなければならない森田」です。

そうこうしているうちに葛藤はますます深まります。
「しなければならない」と「したくない」との葛藤です。
神経質は欲求が大きいので、両方あきらめられない。
どちらかに決められない。

葛藤が大きくなると、今度はこの葛藤自体が不快になります。
葛藤することがイヤ、だからこの葛藤をなんとかしようとする。
頭のなかはますます混沌としてきます。

脳内の闘いが続くと「しなければならない」という気持ちも大きくなり、「したくない」という気持ちも大きくなります。
脳内膠着状態。
不快感だけが増していきます。
これが強迫神経症のかたの頭のなかかもしれません。

ここで「では、どうしたらいい?」と問うと、また脳内が混沌化します。

葛藤も混沌もそのまま放置するしかない。
大体、思考や脳なんて、混沌としているものです。

その晩、しばらくたって「もう、停電はなさそう」という時間になりました。
とにかくあまりに寒く、私はどうにもしかたなく、お風呂で温まり、ついでに食器洗いをし、布団にもぐりこんだのでした。
たいした行動はできなかったけれど、風邪をひかずにすんだ。

私たちの日常は、そんなところでいいのではないのでしょうか。

さくら2022

T.H氏撮影

人の助けを借りること

しばらくブログを書く余裕がありませんでした。
仕事のことではなく、私的にいろいろやらなくてはならないことがあり、それが自分の容量オーバーで、結局調子を崩してしまいました。

自分の能力の容量を知るということは、非常に大切なことだと、この時期感じました。
(今回必要だったのは、腕力と体力でしたが)
どうも、何でも一人でやろうとする傾向が、私にはあるようです。

一人でやれば好きなようにできる。
それは確かなことです。
特に完全主義傾向があるので、とにかく早く準備を始めて、なんとかゴールに間に合わせようとします。
そして自分の描いた完成形を目指します。

ところが、ものによっては、時間をかけても一人でできないことがあるのです。
今回学んだのは、必要によっては他人の助けを借りるということです。
それともうひとつ、これは常々感じているのですが、「道具」の重要さ。

もちろんただで他人の助けを借りようなどという甘い考えはなしです。
今の世の中、お金を払えば、その道の専門家はたくさんいる。
「こんなこともやってくれる?!」と感じることも多いのです。

私の場合とは違いますが、たとえば掃除がどうしても間に合わない、掃除をする余力がないということなら、その専門家がいます。
「掃除くらい自分でしなくては」という「かくあるべし」は、取り払ってもいいと私は思います。
他にやらなくてはならないことがたくさんあるなら、少しぐらい他人にまかせてもいい。

あるいは掃除が簡単にすむような「道具」だって、100円ショップにたくさん売っている。
「道具」はそういうものだけでなく、インターネットなどを使用して情報を得ることも「道具」の活用です。

子育てがしんどいのであれば、預かってくれるところもある。
この頃はペットの散歩をしてくれる人さえいるようです。

「お金がもったいない」と思う人もいるでしょうが、一番大事なのは自分の健康です。
身体をこわしたり、「うつ」状態になるのを未然に防ぐことは大切。
何事も予防です。

「自分でやらなくてはならない」という「かくあるべし」をはずすと、案外、楽な世界が見えてくると、この期間で学びました。

またブログ再開して続けようと思いますので、よろしくお願いいたします!

頭のなかが煮詰まるとき

「頭のなかが煮詰まる」という表現は奇妙かもしれませんが、実感のあるかたも多いのではないでしょうか。
特に強迫神経症に悩むかたのなかに、こういう時期があるように思います。
考えることがあまりに多くて、まったく行動できなくなるような、「うつ」的な時間です。

強迫神経症のかたは、「どうしたらいい?」という質問をなさる方が多い。
つまりこの苦しさを抜けるには必ず何か方法があり、それを会得すれば、この苦しさが薄れるに違いないと思う傾向があるのです。

森田療法での神経質症成立の過程をご存じのかたならおわかりになるように、この「どうしたらいい?」傾向が、精神交互作用を昂進させ、苦しさを増幅します。

しかし苦しいことは苦しいので、頭のなかは言葉でいっぱい。
なんとかしてこの苦しさや「イヤな感覚」から脱出したいと、言葉が頭のなかを駆け巡る。
あるいは「イヤなこと」から未来永劫逃れるために、どうしたらいいかを考え続ける。

強迫神経症のかたの頭のなかはこうなっているのではないかと、私は想像します。
そんな時は、外側から見るとそのかたは殆ど無表情、でも内面はヒートアップしているのではないでしょうか。

「森田療法は行動を勧めているから」と行動しようとする。
しかし「行動しよう」という言葉が頭をぐるぐるめぐっているだけで、何もできない。
それが自責感となり、またイヤな感覚を積み重ねていく。

そんなときに参考になるかなと思われる文章に出会ったので、ご紹介します。
他の病状のかたに向けて言っていることなので、意訳してご紹介します。

「できるだけ役に立たないことをどんどんやってもらってください。価値のないもの。そのへんにある石を蹴っ飛ばしたりするような。」

「小さい頃読書が好きだった人には、<本屋に行きなさい。それで、本を読んではいけません。ただ本屋のなかを歩くだけ>という、そうすると足腰が丈夫になる(笑)。そうして、<脳が回復してくると、必ずどこかの棚にある本があなたの脳を呼ぶから、呼べば自然に手が伸びて、触るようになってきて、見るようになるから。それまでは自分の意志で本を触ったりしてはいけません。ただそのなかを歩いてみる>。そしたら幼稚園ぐらいのときに本好きだった気分が、だんだん引っぱり出されてくる。そうすると子供時代と今がつながる」

「大事なことをなぜやらせんかというと、大事なことや有益なことやると、ずっとそこばっかりするから」
(神田橋條治「ちばの集い2」)

この文章の本来の趣旨からは少し違うのですが、「~をしなくてはならない」という妙な目的意識で埋まった強迫神経症のかたには、いいかなと思うのです。

損得勘定が働くので、症状治癒に一番有効なことをやって最短距離で楽な状態に到達したい。
その性向が自分を追い詰めていくような気がします。
ですから無駄なことをする、目的のないことを試しにやってみるということは良いかなと思ったのです。

ただ、「無駄なことをする」がまた標語になり、目的になって自分を縛るというサイクルができてしまうかもしれません。
「無駄なこと」をして、子供のころ感じた自分の「純なこころ」が沸き上がってくるといいのですが。
むずかしいですね!

きっと森田先生の入院療法は「あれをしろ、これをしろ」というものではなかったはずです。日常生活の場に入院生を置いて、身体や興味が自然に動くような環境を作ったのではないかと思います。

冬空



今年は良い年でありますように


      かきくらし猶降る雪の寒ければ 
      春とも知らぬ谷の鶯            


新春なので、和歌を。
金塊和歌集より。 源実朝の歌です。
実朝の歌は少し寂しいものが多いですが。

意味は、谷に棲んでいる鶯は雪があまりに降るし、寒いので、実はもう春がきているということも知らない・・・ということでしょうか。

自分の身に置き換えてどんなふうにでも解釈できます。

寒くて暗い時期だけれど、この雪が降りやめばすぐに春の太陽が照ってくる。

季節は春だし暗くないのだけれど、目の前の雪があまりに冷たく寒いので、春だということに気づけない。

今は悲観的な思いや悩みで目の前が暗いけれど、その闇の向こうには本当はもう明るい日の光がさしている。

ゆきどまりに閉じ込められてしまったみたいだけれど、よく考えるとすぐそこに解決の道がある。


思い切り遠く連想していけば、今はコロナ騒ぎで寒々しい世の中だけれど、実はコロナに悩まされない世界はすぐそこに来ている。

そんなふうに考えたいですね。

皆様に明るい春がきますように。
そしてもうすぐそこに来ている春に気づくことができますように。

つばき

複雑さを嫌わない

森田療法のベースになる世界観は一元論です。
というのは、もういろいろなところで言っているので、ご存じのかたが多いと思います。
森田正馬自身も、形外会のなかでそう断言しています。

一元論というのは、非常に漠然とした言い方ですが、二項対立で世界をとらえない考え方のことです。

正邪、善悪、美醜、完全・不完全、幸不幸、勝ち負け、100か0か、好きか嫌いか。
これらは皆、二元論的な考え方です。
西洋的なものの考え方の根底にあるのは、ほとんどが二元論です。
これは一神教であるユダヤ教、キリスト教の影響と言われています。
教義の影響ではなく、世界の最初に「神と人」とがあり、常にこの二者で世界が語られるからだとか。

(もちろん「一元論」と「二元論」を対置するのも二元論なので、世界は究極、一元論に集約されていくもののようです)

たいていの場合、私たちは二元論的な考え方をしています。
そのほうがものごとのとらえ方がはっきりするし、簡単にわかったような気がするからです。
心のなかもすっきりします。
「あの人が悪い、あの人に責任がある、私に責任はない」
「これが正しい、だからこれをしない人は間違っている」

一元論は複雑で曖昧です。
全部がグレーゾーンになります。
観念化はなかなかむずかしい。
たくさんの言葉を費やして、ものごとを表現しなくてはなりません。
事実、事実、事実・・・です。

さて、森田療法が二元論を嫌う理由は上記で推測できたと思います。
二元論で決めつける、分かった気になる、それは教条化に通じます。
ものごとには様々な側面がある。
様々な側面を見れば簡単な決めつけはできない。

そのため、森田は神経症の人によく「具体的に言うように」と言います。
具体的に言うと、ものごとがそれほど簡単ではないことがわかる。
自分がいろいろな決めつけをしていたことに気付くのです。

例えば森田は「私は寝坊で困っています」という人にこういうふうに質問します。
「何時に起きるのか?」「何時に寝るのか?」
そして「そんなに遅く寝てその時間に起きるのは、決して寝坊ではない」と言います。
(記憶で書いていますので)多分、もっと早く寝ろとか、そういう指示はなかったと思います。
ただ「あなたが自分を寝坊というのは思い込みだ」と指摘しただけだったと思います。
「事実」ですね。

だから形外会での森田の話は、ほとんどがたとえ話や具体例です。
そうやって具体的に考えていくと二元論的に凝り固まった世界観が、すこしずつほぐれていく。
世界はもっと複雑だということが見えてくるのです。

世界の複雑さ、人の心の複雑さが見えるのは、面倒くさそうですが、二元論的な考え方をしていた人には新鮮な発見が多いのではないかと思います。

人の心も自然も世界も、もっともっと複雑なものです。
そして微妙なものです。
精妙に動いているものです。

そういう複雑で精妙なものを嫌わずに、決めつけずにもっと知ろうとする。
そうすると、私たちの知識も心の世界も深化していく。
それは私たち自身の成長にもつながるものだと思うのです。

*今年もブログをご愛読いただき、ありがとうございました。
 皆様にとって来年が素晴らしい年でありますように。

海、熱海

プロフィール

Author:岩田 真理
心理セラピストをしています。臨床心理士。
昔は編集者をしていました。

森田療法が専門ですが、ACや親との問題は体験的に深いところで理解できます。
心のことだけでなく、文化、社会、マニアックな話題など、いろいろなことに興味があります。

もしも私のカウンセリングをご希望でしたら、下のアドレスにメールをください。
info@ochanomizu-room.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
    ↑ 悩んでいる人のための森田療法解説書                           
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR